【ダウン症と葉酸の関係は?−医療サイトや海外論文を徹底検証!】

40代から発症頻度が急増

高齢出産のチャンスは増えたが・・・

不妊治療の技術が向上し、また社会的な容認も進んで、高齢出産のチャンスは増えました。

 

芸能人・有名人の間でも40歳以降で元気な赤ちゃんを授かるニュースが増えています。

 

「私だって」と思うのは当然の心理です。

 

しかし、高齢出産ではダウン症をはじめとする染色体異常のリスクが増加するのは科学的事実です。

 

下記のグラフは厚生労働省の資料(※)のコピーですが、35歳から徐々に目立ち始め、40歳からの増加ペースの伸びが鮮明です。

 

とりわけ45歳を過ぎると著しく、49歳では10人に1人くらいが染色体異常という高さです。

 

引用資料

 

※「不妊に悩む方への特定治療支援事業等のあり方に関する検討会」ワーキンググループ報告書 参考資料 P10

 

若いママのダウン症児も多いという批判について

確かにダウン症の発生件数からいえば、若いママの方が高齢出産のママより多いです。

 

高齢出産の件数合計が少ないですから。

 

若いママのダウン症児は多いですが、健康児はさらにはるかに多く、ダウン症児が全体に占める割合は高齢出産の場合より低いという意味です。

 

ここで説明しているのは件数ではなく、確率の話です。

 

妊娠を希望されている女性にとっても、関心があるのは確率の方のはずです。

 

リスクを理解して高齢出産に臨む

もちろん、これは統計学的な話、つまり全体の平均の話です。

 

実際は個人差が極めて大きく、偶然も左右するので、40代後半でも元気な赤ちゃんを授かっていらっしゃる方はいます。

 

しかし、自分のカラダと卵子が同年齢の人より若い方かどうかは実際に産んでみないとわかりません。

 

リスクを客観的に理解し、覚悟を決めて臨む必要があるでしょう。

 

具体的には・・・

 

  • 出生前診断は受けるのか?
  • リスクありとの結果が出た場合、どうするのか?
  • 実際に障害を持って生まれてきても、何があっても育てる覚悟を持てるか?

 

などを若い人より真剣に考える必要があると思います。